HOME企業情報ムサシの歴史

沿革

1946年(昭和21年)12月
グループの母体である武蔵商事株式会社を設立し創業。
1947年(昭和22年)1月
紙加工製品の販売に着手。
(紙・紙加工品事業開始)
1949年(昭和24年)4月
商号を武蔵紙業株式会社に変更。
1955年(昭和30年)4月
写真機、感光材料の販売会社として株式会社武蔵商会設立。
1959年(昭和34年)4月
富士フイルム株式会社の特約代理店となり、ネオコピー(写真複写機用感材)の販売を開始。
(情報・産業システム事業開始)
1961年(昭和36年)7月
富士フイルム株式会社製クイックコピーの販売を開始。
1962年(昭和37年)9月
商号を武蔵株式会社に変更。
 11月
株式会社武蔵商会を吸収合併。
1963年(昭和38年)3月
エフ・ビー・エム株式会社に資本参加。
1965年(昭和40年)7月
現金処理機器(紙幣計数機)の販売開始。
(金融汎用システム事業開始)
 8月
PS版(印刷材料)の販売開始。
(印刷システム事業開始)
1967年(昭和42年)6月
株式会社ジェイ・アイ・エムに資本参加。
1970年(昭和45年) 
選挙用機器(投票用紙計数機)の販売開始。
(選挙システム事業開始)
1978年(昭和53年)1月
武蔵エンジニアリング株式会社(子会社:自社開発商品の設計・製造)を設立。
1979年(昭和54年)4月
現金処理機器の輸出販売を開始。
1986年(昭和61年)5月
不動産管理会社として、武蔵興産株式会社を設立。
1991年(平成3年)12月
商号を株式会社ムサシに変更。
1994年(平成6年)4月
名刺・ハガキの印刷システム機材の販売を開始。
(名刺・ハガキプリントシステム事業開始)
1995年(平成7年)2月
株式会社武蔵エンタープライズに資本参加。
1996年(平成8年)10月
日本証券業協会(現 東証ジャスダック市場)に株式を上場。
創立50周年。
1997年(平成9年)10月
株式会社ムサシ・エービーシーを子会社化。
2001年(平成13年)9月
株式会社ムサシ・ユニシステムを子会社化。
2002年(平成14年)3月
ムサシ・アイ・テクノ株式会社を子会社化。
 9月
株式会社国際マイクロフォト研究所を子会社化。
2005年(平成17年)10月
メンテナンスサービス部門を分社化し、ムサシ・フィールド・サポート株式会社を設立。
2007年(平成19年)10月
株式会社ムサシ・ユニシステムと株式会社国際マイクロフォト研究所が合併し、ムサシ・イメージ情報株式会社を設立。
1946年 「武蔵商事(株)」を設立
1959年 ネオコピー(写真複写機用感材)発売
1965年 PS版(刷版材料)・自動現像機発売
1970年 投票用紙計数機発売
1982年 紙幣整理機発売
1996年 ジャスダック市場に株式上場

page top