HOME商品情報情報・産業システム社会インフラ画像診断サービス

社会インフラ画像診断サービス

橋梁などコンクリート構造物のチョークやひび割れを写真から自動検出し、CADデータに出力するサービス。
構造物の点検作業を大幅に効率化できます。

社会インフラ画像診断サービス※写真をクリックで拡大

チョーク・ひびの自動検出
チョーク・ひびの自動検出
ひびみっけロゴ 国土交通省新技術情報システム

富士フイルムの画像解析技術を活用し
コンクリート構造物の定期点検や補修において
損傷図の作成などを支援するクラウドサービス型システム。

● 撮影した画像を自動で合成し、「チョーク」や「ひび」を自動検出。
● 自動検出したチョーク・ひびの長さと幅を自動積算。
● 自動検出したチョーク・ひびをCADデータ(dxfファイル)に出力。

> リーフレット PDF (PDF)【容量:6MB】


・国土交通省の「点検支援技術性能カタログ(案)」に「ひびみっけ」が掲載されました。

2020年6月30日に更新された性能カタログの画像計測技術として橋梁・トンネルともに点検支援技術として選定されています。
国土交通省「点検支援技術性能カタログ(案)」ページへ

・ひびわれに加え、「剥離・鉄筋露出」「漏水・遊離石灰」を自動検出できる機能を搭載しました。

  • 剥離・鉄筋露出(検出前)
    剥離・鉄筋露出(検出前)
  • 剥離・鉄筋露出(検出後)
    剥離・鉄筋露出(検出後)
  • 漏水・遊離石炭(検出前)
    漏水・遊離石炭(検出前)
  • 漏水・遊離石炭(検出後)
    漏水・遊離石炭(検出後)

ひびみっけ 紹介動画 (社会インフラ画像診断サービス:富士フイルム)

(2分32秒)

【特長】

ひびみっけ特徴

チョーク検出(定期点検、補修設計)

【作業の手順】

チョーク検出

【従来との比較】

ひび割れ検出(補修事前踏査)

【作業の手順】

ひび割れ検出

【簡単3ステップ】

簡単3ステップ

お問合せ

page top