ホーム 新着情報取り違え交付防止 投票用紙交付機を新発売

新着情報

新着情報

取り違え交付防止 投票用紙交付機を新発売 [2019年3月28日]


投票用紙自動交付機 テラックBA-10


当社は、選挙の投票用紙の色を判別することにより、投票所で間違った用紙を投票者に渡してしまう 「取違え交付」 を未然に防止する投票用紙自動交付機 『テラックBA-10』 を開発し、3月1日に全国の自治体に向けて発売しました。

投票用紙自動交付機は、1975年にムサシが業界に先駆けて開発・発売してから現在まで、累計で10万台を販売してきました。
従来の交付機では投票用紙を1票ずつ、正確かつ迅速に交付する機能により、手作業で発生していた2枚の用紙を投票者に渡してしまう 「二重交付」 の防止に貢献してきました。

一方、投票者に間違った種類の投票用紙を渡してしまう 「取違え交付」 については、異なった用紙で投票された票は開票集計において 「無効票」 として扱われ、投票者の意思が選挙結果に反映されなくなるため大きな社会問題となっています。

そこで、このたび発売した 『テラックBA-10』 は、従来の二重交付の防止機能に加え、独自に開発した高感度カラーセンサーを新たに搭載し、選挙の種類 (注) 毎に定める投票用紙の淡い色を正確に判別することにより、投票用紙の 「取違え交付」 を未然に防止する史上初の画期的なモデルです。 この機械は予め設定した色以外の用紙を検知すると、用紙の交付動作を停止すると同時にエラーメッセージを表示し、交付ミスを未然に防ぎます。

ムサシは 『テラックBA-10』 を各投票所に導入することによって、投票用紙の交付事務における 「取違え交付」や 「二重交付」 などの事故が発生しない正確・迅速で安全な投票事務の実現と、業務従事者の負担軽減を全国の自治体に提案してまいります。

『テラックBA-10』 の標準価格は、1台298,000円(消費税別)です。


(注) 選挙の種類 : 全9種類 (種類毎に用紙の色を変えている。投票用紙の色は全6色。)

・参議院選挙(選挙区、比例代表)
・衆議院選挙(小選挙区、比例代表)
・最高裁判所裁判官の国民審査
・都道府県単位の首長選挙、議会議員選挙
・市区町村単位の首長選挙、議会議員選挙



■投票用紙自動交付機 『テラックBA-10』 の特長

● 史上初の用紙色判別による 「取違え交付」 防止機能
投票用紙全6種の淡い色を正確に判別し、用紙の初期装填時のミスや、
追加装填時のミスを防止 (当社が独自開発した高感度カラーセンサー搭載)

● 選挙種別プレートにより投票用紙の色を自動設定
本体に取り付ける選挙の種別プレートと連動し、選挙の種類別用紙の色を自動設定

● 用紙の 「二重交付」 防止機能
投票用紙の透過濃度や寸法を検知し、用紙の2枚同時交付を防止

● 用紙の 「機内取り残し」 防止機能
電源スイッチを切っても搬送部が自動動作し機械内の投票用紙を強制排出
万が一の機内取り残しを防止



*お問合わせはこちら




page top