株式会社ムサシ

Text size

Global site

カラーマネジメント
サポート

  1. HOME
  2. 商品情報
  3. 印刷システム
  4. カラーマネジメントサポート
Print

一言にカラーマネジメントといっても簡単に運用できるものではありません。
カラーマネジメントソフトは数多くありますが、それを実践する方法は各社各様で明確なものはありません。
さらに温湿度等日々刻々と変化する印刷環境の要因を含めるとその方法は幾重にもなり大変難しいものといえます。

そこでムサシはカラーマッチングソフトを単に提供するのではなく、長年印刷事業に携わり培ってきたノウハウを活かし、デジタルワークフロー全般から印刷機や湿し水といった印刷周辺までのサポートを実施。
機器導入前はもちろん、導入後の印刷物の診断を通して印刷工程全般を改善する様々なプログラムにご好評いただいております。

カラーマネジメント
サポート

カラーマネジメントサポートの流れ 講習会の実施 印刷テスト立ち会い 印刷結果の測定・診断 標準印刷物を元にプルーフディスプレイプロファイル作成 インクジェット・POD定期診断
分光光度計
分光光度計

印刷物の安定再現講習

「印刷標準化セミナー」でご紹介した内容をより細かく実施。
一般的な話ではなく、お客さま個々の環境に即した講習を行っています。

印刷物の安定再現実践

「印刷物の安定再現講習」でご案内した内容を分光光度計などツールを活用して行います。
講習だけでは忘れがちなそのフローを身をもってご体験いただいています。

印刷物診断・実践

独自チャートを印刷していただきその解析を行います。
その結果は単に報告書をご提出するだけでなく、問題箇所を実地立会いのもと改善して参ります。

印刷標準化によるワークフロー

印刷標準化によるワークフロー図

印刷標準化のメリット

講習会の実施

印刷の標準化についての基礎を講習会を通じて理解していただきます。
各行程の仕組みとメリットを理解し、印刷環境の向上を図ります。
(現在の印刷状況の把握のために事前ヒアリングも行います。)

主な講習内容

Japan Color 認証取得支援プログラム

Japan Color(※)認証取得のための効率的なプログラム。
顧客満足度を高め、刷り直しや製造コストを削減、宣伝効果が見込めます。

Japan Color 認証取得支援プログラム


※Japan Color認証制度とは
ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷における印刷物の標準に基づいて認証を行なうものです。
認証取得することにより、印刷物またはプルーフを作成する上での高い能力を対外的にアピールすることができます。

印刷テスト立ち会い

印刷用テストチャート

印刷用テストチャートを用いて印刷テストをサポ-トグル-プ員立会いのもと実施。
標準化に向けての管理方法などを実技を交えてアドバイスしています。

主な実技内容

  • ベタ濃度による管理方法
  • 調子再現の確認
  • トラッピングの確認
  • ゴーストの確認
  • ドットゲインの確認
  • 細線再現の確認

印刷結果の測定・診断

測定

印刷物から様々な測定データをグラフ化し、現状を分かりやすくご説明いたします。

測定例

測定例
X-rite eXact
X-rite eXact

次世代型分光光度計

  • x-rite eXact

    グラフィック市場向けハンディー型分光測色計のフラグシップモデル。
    測定するだけで、印刷シートがJapan Colorの基準に準拠しているかを合否判定します。

診断

測定結果をもとにあらゆる角度から解析を行い比較検討します。

解析例

解析例:IT8測色結果による各色空間別プロット表
解析例:印刷物50%部拡大写真
解析例:解析結果
  • 印刷条件・環境の見直しによる印刷品質の向上
  • 印刷の管理方法のご提案による印刷品質の安定化・標準化の実現

標準印刷物を元にプルーフ/ディスプレイプロファイル作成

環境に応じたプロファイル作成ソフトを利用し、DDCP用のカラープロファイルを作成し、印刷物とのカラーマッチングを実現。
スムーズな印刷ワークフローを構築します。

モニタープルーフ

インクジェットプルーフ

デジタル印刷機・UVインクジェットプリンタ・その他のカラーマッチング

インクジェット・POD定期診断

作成ソフト例

i1 Profiler, i1 Profiler + i1 iO3, i1 Pro3, i1 Profiler解析結果
Page TOP